2013年04月25日

ラウンド・アバウト

ラウンドアバウトというのを御存知でしょうか?
そうです、プログレの代表格・イエスの名曲ですよねー。あのベースの旋律が堪らないんですよ。あの曲はベースが最も肝(と個人的には思う)

おっとと、話はイエスのことではありません。
ラウンドアバウトが日本にも採用されることになり、ラウンドアバウトの認知度ってどれくらいなのだろう?と思い、キーを叩いております。

そもそもラウンドアバウトとはどういうもの?漢字文にすれば「無信号円形交差点」と言ったところでしょうか。日本では馴染のない円形交差点を画像で見ると

raunndoabauto.jpg


日本であれば画像の様な交差点では真ん中の島状のものはなく、信号が四方に設置されることで円滑な交通を促しています。ですが、欧州ではラウンドアバウトも信号式も主流でありどちらにもメリット・デメリットがあるわけですね。

ラウンドアバウトで最も有名なのはパリ・凱旋門ではないでしょうか。旅番組でも度々(シャレではない)紹介される、8方からゴチャゴチャにクルマが入り乱れる様を見ると、しょっちゅう交通事故が起きるんじゃないかと思いますが意外に事故は起きていません。
images.jpg


ここいらで昔からラウンドアバウトを採用しているのは国立駅前ロータリー。歩行者用信号もあるしロータリーですから交差点ではありませんがイメージ的にはあんな感じ。つい最近、国内で初のラウンドアバウトが出来ました。長野県・飯田市東和町交差点で新聞にも取り上げられましたね。http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/www/info/detail.jsp?id=9901

ラウンドアバウトのメリットを挙げると
・信号を設置する必要が無く予算を削減できる。
・信号がいらないから、電気が通っていない地域でも作れる。
・大震災のときのように計画停電が起きても問題ない。
・交差点をまっすぐ突っ切るにも徐行しながら半円状に進まないといけないから重大事故が確実に減る。
・どの方角も一定の速度で進入するので渋滞が起きにくい。

これだけメリットを挙げれば、良い事づくめな気がしますがそんな上手い話はありません。当然、デメリットもあります。
・歩行者と自転車の安全面は信号式に分がある。
・ラウンドアバウトに馴れるまで時間はかなりかかる。
・交差点自体の面積は信号式よりも大きくなる
・大形車(トレーラーなど)には通行が厳しい。

ではラウンドアバウトをどんな風に通行すればいいのか画像で御覧下さい。

ラウンドアバウト.jpg


通行イメージを掴んで頂けましたか?
やはり馴れるまでには接触事故はある程度避けられないでしょう。
首都高の合流よりもシビアなものが要求されそうですが絶対的なスピード領域が違いますから皆が皆、気を遣いながら走行すれば、信号で待つ事のストレスと引き換えにすれば非常に良いシステムだと思います。徐行程度とはいえクルマは進んでいるのですからアイドリングで無駄なガソリンを使わないし(最近の主流はエコアイドリングですけど)、交差点の進入から突破まで回りを意識しながら運転しなければいけませんから、メールを打ちながらとかメイクしながら運転なんていう大馬鹿もいなくなります。信号無視で迷惑な暴走族も、そもそも信号が無いんですからそんなに迷惑ではなくなります(爆音は迷惑だけどね)

では歩行者はどうすればいいのでしょう?
imgres.jpg


↑画像のようなラウンドアバウトであれば、よほどの大バカでない限り横断歩道に気をつけて進みますから大丈夫でしょう。中には横断歩道を地下道にするというパターンもあるみたいです。確かに歩行者の安全は確実に守られますが階段の昇り降りがキツイ方には酷な話。

ラウンドアバウト中央の島部分は空き地になりますが、ここに宣伝スペースを設ければ税収も期待できます。まぁでも、反対側のクルマが見えない程巨大な看板ってワケにはいきませんから、高さ80cmくらいで横長のモニュメント的なものならそれほど景観も損ねないんじゃないでしょうか。

本来なら予算が無く信号を立てる事ができない地方よりは実のところ都心部のほうがラウンドアバウト向きな気がします。信号の待ち時間の長さと圧倒的な通行車の多さが引き起こす都心部の慢性的な渋滞には極めて有効ではないでしょうか。それとこれから本格的な復興が始まる被災地にも◎。信号を立てる必要がない=電柱・電線をそこまで引っ張ってくる必要がないワケですから信号アリの交差点をつくるより圧倒的に安く早く交差点が作れるはず。しかし、そこには復興予算を巡っていろんな利権が絡みついてくるでしょうからラウンドアバウトが全国的に普及する事はないでしょうね。悲しいけどこれが日本の現実です。