2013年08月15日

ネームバリューに踊らされる人々

年が代わっても季節が過ぎようとも重大ニュースは無くなりませんね。世界一の治安・忍耐性を誇る日本ですら毎日ニュース番組は大忙し。

なんだか最近のニュース報道の仕方がどうにもオカシイ…特に思うのは人身事故を含む交通事故の報道で、事故を起こしたのが高級車の場合は車種メーカーを公表するんですよね。

ちょっと前に近畿地方でフェラーリ他のスーパーカー軍団が多重クラッシュした事件が良い例。確かに多重クラッシュは国産車でも報道されますがメーカーまでは流しません。でも、この時はマスコミ連中はこぞって「フェラーリ」「ランボルギーニ」「ポルシェ」と連呼していた。スーパーカーに乗れないヒガミが爆発したかのようにスーパーカー乗りを公開処刑するかのような…「スーパーカー乗ってる連中共、ザマァみろ!」みたいなのを感じます。

日本メーカーだって800万を超える高級車はあるのに(レクサス等)その辺が暴走事故起こしてもメーカー名を出す事はないのが不思議。だって、ベンツのEクラスとレクサスLSじゃグレードによっちゃLSの方が値段が高いんですよ。NSXだってメーカー名を出される事もまず無いし、同年式のフェラーリF355とNSXだったらNSXの方が2倍近くの値が付いているというのに。

ちょっと前だと「ポルシェが暴走」なんてのがあって、クラッシュしてる画像を見ると996型。ヘッドライト形状から前期型でありしかもリアフェンダーはノーマルだからカレ4ではなくカレ2であることは明白で、しかもGT3と思いきやGT3仕様エアロでホイールはカレ2のままという中途半端な仕上がりなのです。市場価格でも下手すりゃ86の新車の方が高い位ですよ(250万くらい)それをポルシェってだけで吊るしあげるのは如何なものか。

ホントに国内メーカーの公表率はゼロに近いなぁ。NSX以外でも2000GT・センチュリー・プレジデント・35GTRと新車価格800万超えのクルマはあるのにです。レクサスLFAですら報道するか怪しいなぁ。LFAなんて世界限定500台で4000万近くするんですけどね。

そういう事を考えていくと成功をおさめ高級車を買う時は海外評価の高いモデル(メーカー)を選ぶのが賢いのではないかと。

オーナーの方には申し訳ありませんがメーカーを挙げるとまず「マセラティ」。エンジンはフェラーリ(中身はホンダだけどね…)と同じもので駆動方式がMRでなくFRなくらい。でも最近はFRフェラーリもV8をラインナップしているので(フェラーリ・カリフォルニア)ルックスが違うだけ。ボクの好みではマセラティの方がカッコイイ。マセラティはドイツ車とも比べられる事が多く、比較されるのは4ドアセダンのクアトロポルテ。・メルセデスCLS・BMW M6グランクーペ・ポルシェ パナメーラと同セグメントなのですがポルシェというネームバリューからどうしても日本では存在が弱い。クアトロポルテはセダンの中じゃ一番イイ音奏でるんですけどね。

「アストンマーティン」もそうですね(オーナーの方々、スンマセン)ヴァンテージもヴァンキッシュもBMW M6クーペやメルセデスSLに比べると知名度で劣る。まぁアストン乗る人の趣向として「偉ぶらないオトナ」って感じだから今のままが良いのかな。

「ロータス」もライトウエイトが基本で載っているエンジンがそれほど排気量も大きくないし元はトヨタ(ヤマハ)エンジンだからそんなに騒がれない(オーナーの方々、スンマセン)

フェラーリ乗りたいけど目立つのはオトナの事情で困る!って方はロッソコルサ(フェラーリレッド)は避けて黒とか紺あたりの地味な色をチョイスしましょう。ただしマットブラックは最近のカスタムトレンドなので逆に注目を浴びてしまいます。地味な色は街中では目立たないがスーパーカーミーティングでは逆に目立つ!という利点もあります。フェラーリミーティングは8割以上が赤ですからね。そしてFRモデルを選ぶことでしょうか。やはりスーパーカー=ミッドシップという方程式は鉄板ですから。ランボルギーニであればガヤルドで黄色以外を選びましょう。ランボルギーニ=ポップアップ(ガルウイング)ドアのイメージが強すぎます。余談ですがガヤルドが売れてない先進国は日本くらいらしいです(北米ではバカ売れ)

所有しているクルマほど、個人の性格を表すものは他にありません。そんな事を考えながらクルマ選びをするのも意外に面白いものです。ワタシですか?そうですね、それなりのクルマが買える身分になりましたらレプリカ・スーパーカーを買っちゃうかもしれません。そんで載せるエンジンは国産フルチューンターボとかね。それで本物スーパーカーを軽くブッチ切るなんてのが面白いかな。