2014年01月08日

CMと番組の関係

不況が長く続いたこともあって最近のテレビ番組はやたらと長時間スペシャル版が多いですね。
昔なら2時間が普通で3時間だと「長すぎるだろオイ!」てなもんでしたが、今や4時間5時間は当たり前です。
これは単純にスポンサーが集まらず1本の番組を本来ならボツのシーンも入れて無理繰り引き延ばしてるからですが、年末年始はスペシャル番組が多いのなんの。
大晦日では恒例となっている「笑ってはいけない〜」なんて6時間ですよ!まぁ本来は16時間くらいはテープ回してるんですから三分の一くらいには凝縮してるワケですが、それにしても長い長すぎる…
「笑ってはいけない〜」も始まった当初は何週かに分けて放送してたもんですがねぇ……

画像を見てください。
年末の「笑ってはいけない〜」の録画したものを撮ったものです。


IMG00772.jpg



分かりづらくて申し訳ないんですが、下にバーグラフのようなものが見えるでしょうか。これが番組全体の時間を表わしていて、所々に走っている縦線がCMに入るときの線です。
基本的にCMは一本30秒でそれが4本流されて番組に戻ります。
つまり2分間、CMが流れるのですが「笑ってはいけない〜」では5本一組でしたから2.5分ですね。
そしてCMに移ったのが全部で32回。合計80分はCMに費やしてますから、6時間番組とはいっても実質は4時間半の番組なんですよね。しかもCMに突入するときは必ずと言っていいほど「秘密」とかのボカシが入ってチャンネルを変えさせまいとする。こうなると「続きが見たい!」って感覚にはならずCM中はスマホをいじくる時間になる気がする。
スポーツ中継などはハーフタイムや攻守交替などのタイミングまでCMにはいきませんよね。CMまでは目が離せない状況なことが多いからCMに移るとリラックスした感じでそれほど見たくもないCMを何となく見る。でもバラエティ特番などでは前述したようなCM移行が殆どだからテレビに対して視線すら向けない。
これじゃ余計にテレビ離れを加速させてしまいますよ。
ネットTVならCMは冒頭の5秒だけ見れば(その後スキップ)あとは番組を滞りなく見れるしツマンないシーンは飛ばせるんだもん。

ワタシはTVが大好きなのでもっともっとTVに頑張ってほしいんですよ。週末夜には友達と一緒にTVへカジりついていた子供時代が懐かしくて。
なんか大人の事情ばかりが浮き彫りになる番組が多くて悲しくなる。
でも好きだから相変わらず録画しまくってCMはスキップしての繰り返し。
もっともっと頑張ってください!TVさん…
posted by 41 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき