2011年12月08日

東京原動機舞台

DSCF0552.JPG


 東京モーターショー2011に行ってまいりましたよん。前編・後編に分けてレポートいたしますが、とりあえず前編は、近い未来のクルマや面白フォトを中心にお送りします。
 後編はスポーツカー(レース車両含む)編として、ブログネタが尽きぬように回数を稼ぎつつも、内容が面白くなるよう鋭意製作予定。(あくまで予定)

 とりあえず、モーターショー開催も残りは週末の3日間。金曜休みって人は中々いないと思うので、先に行った者として会場までのアクセスでのアドバイス。
 クルマ繋がりの知人3人で、クルマであきる野を後にしたのが午前9時ごろで、現地に着いたのは12時。
 レイブリから台場出口までは順調だったんだけど、駐車場をどうするか?てことで時間を大幅にくってしまい、会場到着が予定よりも相当遅れました。
 まず、ビッグサイト駐車場は即満車になるし、周辺駐車場も大混雑。平日でも混雑してるほどだから、週末なんかでは現地に着いてもクルマを置くのに3時間はかかるでしょう。実際に、先週末にクルマで行った人の話では4時間近くかかったそうです。
 クルマのショーなんだから、愛車で行きたいのはやまやまですが、電車などの公共交通機関で行った方が確実に予定時間に着くし、ショーを見終わった後にお台場に行くことも可能です。
 
 次にチケット。これは確実に前売り券を買っておきたいところ。前述した方の話では、チケットを買うのにも1時間並んだそうで(驚)前売り券と言ってもショー自体は開催されてるので安くはなりませんが、現地で並ぶ時間を回避できます。絶対に前売りを買いましょう。

 再三の忠告にも関わらずクルマで来ちゃった人は、帰りも大渋滞なのを覚悟してください。
 あくまでも西多摩近辺に住んでいる人が対象だけど、帰り道ではレイブリでハンパない渋滞に巻き込まれますから、レイブリ経由で4号線に行くのでなく、9号もしくは7号(C2)で大きく迂回して、池袋方面から中央道に入る方が、時間的には早い(と思う)
 走行距離とガソリンはかなり差が出るけど、渋滞に巻き込まれるとトイレにも行けないし、なんたってイライラして車内が険悪モードになってしまい、そこから別れ話に発展、なんてのも有り得ます。
 オートマで首都高をあまり走った事の無い人は、トイレ我慢を覚悟してレイブリ経由。
 マニュアルは、絶対に7号・9号経由で帰りましょう。

 能書き(?)も終わったところで、クルマ・クルマらしきものの御紹介

DSCF0553.JPG

実物大(?)マックイーン



DSCF0554.JPG

マギー審司のクルマか?



DSCF0557.JPG

CM撮影で使われた鉄人28号もいました(180cmくらい)



DSCF0562.JPG

壁にへばりつくミニ・クーペ



DSCF0570.JPG

メタボな人も安心(?)電動ビークル



DSCF0569.JPG

ガルウイング・ドアの奥には液晶パネル



DSCF0571.JPG

硬木加工した材木でカスタムしたミゼットU



DSCF0572.JPG

VWブースにあったEVカー 昔のメッサーシュミットっぽい



DSCF0574.JPG

セミ・オーダーメイドで、現地で製作して販売していたトミカ
もちろん、お子さん達は大喜び



DSCF0575.JPG

ダカール・ラリーに出た本物の日野トラック



DSCF0576.JPG

日本で初めて製作されたバス



DSCF0604.JPG

自転車みたいな、ネオ・レトロチック デザインのヤマハ・萌木



DSCF0561.JPG

これメチャクチャカッコいい BMW・i8
3年以内に発売するそうだけど、このドアは再現できないよな



DSCF0577.JPG

次期アテンザと噂の、マツダ KODOU(鼓動)
ボディの大きさはロールスロイスくらいあったなぁ



DSCF0585.JPG

次期レガシィのデザイン・ステディらしいが
この電動ガルウイングは無理だよな



DSCF0587.JPG

メルセデスの125周年記念コンセプトカー
これぞ、究極のガルウイング!



DSCF0594.JPG

あのビートが帰ってくる!
ボディはMR−Sくらいかな



DSCF0568.JPG

DSCF0586.JPG

今回のモーターショーの目玉
トヨタ86・スバルBRZ(兄弟車)


後編のモータースポーツ編に続きます…
 

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51548723

この記事へのトラックバック