2012年09月16日

呉竜府

ゴルフに行ってまいりました。
と言っても、プレーした訳ではなくてスタッフとして。

社協(社会福祉協議会)が開催した「あきる野市民チャリティーゴルフ」に、ボランティア・スタッフとして家からほど近い「立川国際カントリー倶楽部」に。

IMG00003.jpg



入口付近にてハイテク(?)マシンが稼働しています。
プレーする方達のキャディバッグを運んでくれる機械のようです。
ボタンひとつで一定距離を行ったり来たりしてました。
IMG00002.jpg



受け付けをすませてスタッフルームへとご案内される際に、広〜くて綺麗でそれでいてガラス張りの見晴らしの良いダイニング(食堂)を通過。
IMG00004.jpg


20年近くも前の話だけど一回だけこの立国の厨房にはヘルプで入った事がある。
ボクはゴルフは一切やらないので(多分、一生やらない)クラブハウスに入るのは初めて。
クラブハウス内のトイレに入って驚いたのが、お手拭きはペーパータオルではなくタオルだった事。
普段ゴルフやってるひとには当たり前の光景なんだろうけど、これを飲食店でやったらエラくコストかかるよなぁ。
でも、キャバクラなんかだとトイレから帰ってくるとおしぼりくれるから、客単価が高い店ならやれない事はないよね。

ミーティングを済ませてプレーグラウンドに向かう。
ゴルフ場は広いので車での送迎なのだが、スタッフ用のルートを通っていくので裏方を見る感じが興味深かった。
きらびやかなデパートなんかも裏側はかなりごった返しだもんね。

ボランティア・スタッフでペアを組んだ赤十字の方が、実は小・中学校の同級生の母親である事が分かり、色々と話に花が咲いてついでにウチの宣伝もしときました。
例え東京都とはいえ田舎、世間は狭いですね。
どこでどう繋がるかわかりませんから悪い事はできませんね。

チャリティーのルールなのですが、ショートホール(ワンオン・ホールインワン可能)でグリーンにワンオンすれば寄付は免除(?)で、のらなかったら1000円以上を寄付する。
組数で言うと16組(約60人強)のプレーヤーは、ほとんどの方が打つ前から寄付してくれます。
チャリティーゴルフなんだから、のろうがのらまいが寄付の気持ちでプレーしてくれるようです。
何人かはゴネた人もいたけど(ニアグリーンだから500円にまけろ、とか)


舞台となったホール

IMG00005.jpg

IMG00006.jpg


チャリティー・プレーする方達はひっきりなしに来ます。
1組が終わる前に次の組が待っている状態が続くので休憩がとれない(仕事は大した作業じゃないけど)
ある組を待っている時に背後に「ドンッポーン」と音が聞こえて「何だ?」と思って振りかえると、隣のホールからのOB弾が飛んできてたようだ。
作業をしている時は勿論フェアウエイ近くに待機するんだけど、日影がほとんど存在しない(この日は暑かった)
唯一ある日影だとOB弾がよく飛んでくる辺りらしくてキャディさんも「OB弾が本当に危険だからシェルターで待機してくださいね」と言うんだけど、次の組が待ち構えてるのにおちおちシェルターに入ってられないんですよね。
この日はもう一回OB弾が飛んできた、しかも頭上を越える大ホームラン級のヤツが…。

全ての組が終わりお迎え車が来る場所まで移動。
ん?待てよ。
送迎係の人は「終わったら迎えに来ますから」って言ってたけど連絡先も教えてくんなかったし、キャディさんに聞いてもその辺の事は分からないと言われるし、ずっ〜と待ちぼうけ喰らっちゃうのかな。
なんて思っている間もなく、ボクらが乗り合い場所に着くと同時にお迎えが来た。
連絡してないのに何でタイミング分かるんだろ?
「長年の勘ですよ。最終組が第1H出てプレーを見れば、何10分後にそのホール(チャリティーホール)が終わるかが予想出来るんです」
うむ、素晴らしい!ある意味職人芸ですな!

その後、クラブハウス内で実質手当である昼食を頂き(プレーヤーさんと同じメニューが注文できる)この日の作業を終えました。

そういやぁゴルフしないのにゴルフのプレーグラウンドに入るのは今回で何十回目だろう?
何でそんなに入った事があるかって?
実は小学生の時に、よく忍び込んでたんですよ。
家の裏に竹藪があって、そこを抜けると立国のプレーグラウンドなんですね。
友達とかと忍び込んでは、OBになったゴルフボールをパクッてコレクションしてたんです(ゴメンナサイ)
ほんで、そのゴルフボールを使って空き地に穴(カップ)を掘って、そこらに落ちてる木を各々が加工して自家製パットを作り、パットパットゴルフで遊んでたんですよ。(いまから30年近く前)
当時は「プロゴルファー猿」が大人気でしたから。

中学生の時はバイトでプレーグラウンドに入ってました。
今思うと何で中学生がバイト出来たんだろうと不思議ですが…。
家の近所に「細谷加工」という花火工場があって、夏休みになると細谷加工が西武球場の花火を打ち上げるんですね(当時)
西武ライオンズが勝つと花火を打ち上げるんだけど、その花火カスが風に乗って西武球場近くのゴルフ場に落ちるんです。
プレーグラウンドはキレイが当たり前ですから、その僅かな花火カスを手で拾っていくんです。
作業時間は2時間ちょいくらいで日給3000円貰ってたのかな、中学生には大金ですよ(ボクの生活レベルでは)
最初の組が来るまでにはカス拾いを終えないといけないから、朝5時から作業開始するんだけど、勿論その時間に現地に着いてないとダメだから、マイクロバスの出発時間は朝4時くらいだったなぁ。
我が家は貧乏だったので、中学に上がった時点で月の小遣いをもらっていません。
このバイト賃金で1年を乗り切らなければいけなかったのです。

よく「ゴルフやんないの?」と聞かれるけど、前述したような過去(トラウマ?)があるから、ゴルフってものを好きになれない。
だって、小学生のPPゴルフはカネ1円もかかってないし、それでも十分面白かった。
こんな話はズルイけど、今をときめく遼クンだって世帯収入が300万だけなら、小さい頃からゴルフ漬けは無理でしょ。
ボクは「遊びはカネを使うのでなく、頭と体を使うもの」というポリシーを持っている。
サッカーやバスケはボールさえあれば何とでもなる、だからスラム街出身の名プレーヤーも数多くいる。
カネのかかる遊びはモータースポーツだけで十分です(今はそれもやってないけど)


posted by 41 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 休日ぶらり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58289959

この記事へのトラックバック