2013年01月17日

Inside the Winter Storm

先日の雪はすごかったですねー。
皆さん火曜の朝は雪掻きに追われたんじゃないでしょうか。
ウチはといいますと全くやっていません。
月曜のドカ降りの時点でお隣さんのフラワーショップ「ジョイフラワー」さんから塩素カルシウムを頂いたので
店入り口前の凍結は防げたんです。
月曜の夕方時点で雨に変わってましたから、ある程度溶けてたのもあるんですけどね。
ちなみに塩素カルシウムは雪が降るとロータリー付近や歩道とかにまいてある白い粒々のものです。

昨日、所用で清瀬に行ったんですがそちらの開始時間は6時からなので、せっかく東京の西端あきる野から向かうんですから、昼頃からもすこし足をのばして池袋に行きました。
池袋に向かった理由は「サンシャイン水族館」
もちろん一人でですが何か!?
水族館のことは次回に回すとして、大都会・池袋にて思う事がありました。

今回の大雪は都心の方が多く降っていたのもあってか駅前でも、至る所で凍結しっぱなしの路面が目に付きました。
大都会故に高層ビルが乱立し商業地域ではビッタリ隣接しあうペンシルビルばかりですから至る所に日陰が出来てしまうんですよね。
まぁ日陰ができたところで雪掻きすりゃいいんですが、大都会の商業地域なんかでは地元の人が経営してるってパターンは無くて、大体が大手チェーンだったりします。
従業員も色んなとこから働きに来てるから、お隣さんと結びつきがあるわけでもないし。
結果、自分とこの入り口だけは雪掻きするということになっていますね。

現実サンシャイン通りや駅前大通りなんかでも入り口付近は雪が残ってなくて、掻いた雪を歩道の端に置いてるんでしょうね、んなもんで入り口反対側は凍結しっぱなし。
テナントビルとかだと各階に店があるから「誰かが雪掻きするだろ」くらいの感覚なんですかね。

でもこれって都会だけの話ではなくて、こっちのような田舎でもそういうことはあるんですよね。
店は多くないから商業地域は割と片付いてるけど、住宅街を見て見ると軒先は雪掻きしても目の前の道路は凍結しっぱなしなのは多いですね。
道路は個人の持ちモノではないから雪掻きする義務なんかないでしょうけど、その道路を使って駐車場にアプローチしたり子供を送りだしたりと色々と道路を使っているんですから、お隣さんと談笑しながらでも雪掻きするべきじゃないでしょうか。
こんなところから地域の結びつきとかが広まっていくと思うんですけどね。

ちなみにアパートが隣接してる道路は絶望的ですね。
典型的な「別にオレは困んねえし誰かやるだろ」イズムが蔓延してます。
店に自転車で向かう途中にいくつもアパートがありますけど歩道や車道は雪掻きした跡すらなくて、雪掻きしてるのはクルマのタイヤ跡のみで、しかもクルマの重さで雪を押潰す訳ですから固まってより溶けにくい氷と化してしまいます。
もちろんアパートの大家さんだって知らんぷり。
全てのアパートに当てはまる訳じゃないけど。

「エラそうなこと言ってんけどオマエんとこはどうなんだよ」と意見が聞こえてきそうなので言いますが、ウチでは雪掻きとか台風が去った後のゴミ掃除などは、翌朝から上に住んでる大家さんやお隣さん達と一緒に掃除をします。
それもこれも普段からのお付き合いがあるから自然と集まってくれるのです。
あ、それとボクはアパートに一人暮らししている時は一人で雪掻きしてましたよ。
まぁ理由はあまりにボクのクルマがシャコタンすぎて(タバコを横にしないと入らないくらい)駐車場入り口なんかも30度くらいの角度で進入しないとバンパーが割れちゃうからなんですけど。
駐車場内も通路を作んないとラッセル車の如くFRPバンパーを犠牲にして雪掻きさせられるハメになりますから(笑)
posted by 41 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61521326

この記事へのトラックバック