2013年03月10日

70億分の3

entry-10538653941.jpg



世界三大自動車ショーといえば、北米(デトロイト)欧州(ジュネーブ)アジア(上海)。かつてバブルで浮かれきっていた頃は上海の代わりに東京でした。この3大ショーでもとりわけ自動車メーカーが威信をかけるのはジュネーブ。自動車発祥の地は欧州ですから欧州での最大モーターショーに力が入るのは当然。先週頃から始まりました、ジュネーブはここ近年では類を見ない程にスーパーカー(系)の新型車がワールド・プレミアされました。その中でも超ド級な1台がカウンタックを世に送り出したランボルギーニから発表され、あまりに衝撃があるが故にクルマに関連の無いサイトでも紹介されるほどです。

全然関係ないけど超ド級というのは、第二次大戦時に戦艦のクラス(番付みたいなもの)を表すのに用いられた表記。その当時で最大級の戦艦がイギリスのドレッドノート級であり、これを超えるサイズの戦艦が超ド級と呼ばれ戦艦・大和(武蔵)は超ド級のなかでも最大だったのです。だからクルマのような小さな個体を超ド級というのは論理が破綻しております(笑)

前述したように色々なサイトで紹介されてますから御覧になった方も多いかもしれません。ですが仕事が年度末で建てこみまくりネットを見る暇も無い方もいるかもってことで画像を載せます。その恐ろしくカッコイイ姿を小さい画像で見せたくないので、ダウンロードしたものを縮小せずに載せました。その関係で画像を開くのに重くなるのをご承知ください。

といきたいとこですが、まずはランボルギーニが発表するんじゃないかと噂のあった2台をご紹介。


post_ab2b.jpg


クルマ好きなら分からないハズがない「ミウラ」ですが、これは7年前に発表されたコンセプトカー。今回はランボルギーニ50周年モデルなのだから、ランボルギーニ初のスーパーカーが現在にオマージュされるんじゃないか?なんて噂もありました。

5951.jpg

149928.jpg


つづいてコチラは「ガヤルド」ベースの「セスト・エレメント」。ガヤルド・ベースでありながら車重が1t切りのサーキット専用車として発表されたんですが発売されているのか情報が掴めず、これのロード・バージョンが出るんだろうとも噂されておりました。事前にランボルギーニから発表されていたティーザー画像(チラ見せ画像)でもセストと同形状なヘッドライト発光パターンが公開されていたのもあるでしょう。


勿体ぶりましたが、話題の「ランボルギーニ・ヴェネーノ」をどうぞ!















lamborghini-veneno-02-copy.jpg


ウッヒョー!カーッチョエエッッッ!!!

なんですかこの造形は!よくぞ、こんなの作ったもんですよ!フロントウィングの造形なんてF1とWECカーを足して2で割ったような、まるでミニ4駆が実車になっちゃいました!みたいな感じ。


lamborghini-veneno-01-copy.jpg


サイドビューも素晴らしい!フェンダーを良く見て下さい。そうです!あのカウンタック・フェンダーですよ!実用性を考慮してVW・アウディに吸収されてからのモデル(ムルシェラゴ・ガヤルド・アヴェンタドール)では採用されなかったアレです!いやー分かってるなぁ。


lamborghini-veneno-04-copy.jpg

lamborghini-veneno-03-copy.jpg


リアビューもカッコ良すぎてため息が出ます。最近のF1やWECカーのルーフからのシャークフィンと合体したエアロダイナミクス・トレンドのリアウイング。ディフューザー内に埋め込まれたマフラー出口やディフューザー本体にテールランプ。全てのパートに非の打ちどころがない。

lamborghini-veneno-05-copy.jpg



真上から見てもカッコイイ!上から見てカッコイイ車なんて中々存在しませんよ!


ところでこの「ヴェネーノ」のお値段は3億6千万!消費税(5%)だけで911GT3を買えちゃいます!ですが生産台数は僅かに3台!世界人口は約70億人ですから約23億人に一人しか買えません!ちなみに世界のビリオネア(資産1000億以上)でも約1200人いますから、ビリオネアの中でも400人に1人しか買えない。実際、ヴェネーノが届く人って「こち亀」の中川と麗子に「ドラえもん」のミリオネヤ・カネダ(アメリカ在住の大富豪・スネ夫のお父さんの友人)くらいでしょ(笑)現実には北米・欧州・中東に1台ずつの配分ですかね。中国はまだ顧客の歴史が浅いから割り当てはないでしょう。でもこのルックスで世界に3台という超プレミアを考えれば3億6千万も安く感じますね。仮に盗難されても世界に3台しかないんだから、すぐにアシはつくでしょうしセキュリティもいらんよね。

同じショーでフェラーリからも「エンツォ・フェラーリ」の後継モデルである「ラ・フェラーリ」が発表されましたがコチラは499台でお値段1億2千万(半端な数字なのは1台をフェラーリで所有するから)。計算がメンドイので500台だと売上額は600億(発表される前から完売している)なのに、ランボルギーニ・ヴェネーノは約11億。もともと打倒フェラーリで立ち上げたランボルギーニの「台数売りゃいいってもんじゃない」意地みたいなものを感じますね。

はやいこと1/18サイズで出てくんないかなー。意外と超プレミアモデルはミニカー化されるのが早いんですよね。初秋辺りには出るかな?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63545270

この記事へのトラックバック