2013年05月26日

ビコローレのススメ

ビコローレ……
なんて書くと凄くオサレな響きですが、簡単に言っちゃえばツートンのこと。
3色だと皆さんも聞き覚えのあるトリコロールですね。

昔に比べれば最近は女性目線のクルマも発売されてきて、ボディカラーに遊び要素を取り入れたものがチラホラ見られます。
ツートンカラーは正にその真骨頂と言えるのではないでしょうか。

日本人の生真面目な国民性が遊び要素を排除してたのかは分かりませんが日本車は単一色が多いです。
海外のクルマではファッション感覚で乗られる事もあって2ト−ンもしくは3トーンが結構な比率で発売されている。

ちょっと前までの日本車における2トーンはこんな感じ。

ツイン.jpg
th.jpg
th.jpg


一番上のスズキ・ツインみたいな2トーンが今まではよくあるタイプで、前後バンパーやサイドステップ等のシャーシボディに取り付けるものが異なる色。
真ん中のNSXは地味な2トーンですがキャビン部分が異なる色で、シャ−シボディ−の中で色分けがされている。これは塗装工程が一つ増えるので手間(金額)もかかります。
下のファンカーゴは綺麗な2トーンに見えますが実はフェンダーモールとドアパネルが取り付けられているのでツインと同じ2トーンといえます。

2トーンで有名なスーパーカーは個人的主観ではフェラーリ512bb。
ベース色に対しボディの下半分が黒に塗装されていますが、オーナーの趣向で512bbを単一色にする場合もあります。見比べてみましょう。

512bb.jpg
512.jpg


どうでしょうかね。
こればっかりは人それぞれ好みの問題ですが、ワタクシは2トーンの方が全体フォルムが締まって見えるので良いかなと。

バブルの真っ只中では国産車も凝った2トーンが設定されていました。

86.jpg
20soara.jpg


上はAE86、下は20ソアラ。
ハチロクでいえば、画像の白黒2トーンが一番売れてたんじゃないですかね。当時でいえば120〜150万クラスのクルマに凝った2トーン塗装するなんて今では考えられませんね。何気にバンパーも2トーン塗装されていて、ブツけて修理する時に2トーン塗装するか単一色にするか迷うんですよね。ワタシも3台乗り継ぎましたので。
20ソアラは当時(高校出たて)は憧れの的で、その中でもパール2トーンは究極のデートカー。実はコレ、2トーンといっときながらモール部分は違う色なので本当は3トーン。昔のトヨタ系高級車にはほぼ設定されていた色です。

ここらで外車に目を向けてみましょう。

top_design.jpg


アウディのA1スポーツパックですが見覚えある人も多いんじゃないですかね。なでしこJAPANが世界一になった祝いでアウディから贈与されたモデルです。キャビンの横アーチ部分が別色になっていて、なかなかオサレです。他セグメントのアウディ車には設定されておらず(あえていえばR8スパイダーはフロントウインドゥ枠が別色)女性がターゲットであることをアピールしていますね。

mc12.jpg


こちらはド級のスーパーカー「マセラティMC12」
白・青2トーンですが配色のマジックで真後ろから見ると青に見えて、逆に正面からみると白ベースに青がワンポイントの配色。ちなみにこの色の名前は「ビアンコ・フジ」で、やはり白=日本なんでしょうね。白いスポーツカーがやたら走っているのは世界中で日本だけです。

ここらで日本車に戻してホンダのN−ONE。
このクルマの2トーンはパーツごとの塗装では無く、マスキングをして2トーン塗装しています。手間のかかる2トーンですが同じ色で比べてみましょう。

main_gallery_img_04.png
sec_02_gallery_02_img_04.png


グレード違いもあるので完全な比較にはなりませんが、やっぱり2トーンの方がオサレです。

そして究極の2トーン車はコレしかありません。

ヴェイロン.jpg
ヴェイロン2.jpg
ヴェイロン3.jpg


2億円の超ド級スーパーカー「ブガッティ・ヴェイロン」
配色具合が堪りませんねー。世界300台限定のクルマですが上の画像はまだ一部と言えるほどに2トーン色の設定があります。単一色に見えるものでもグラデーションのように色の強弱があったり、カーボン地剥き出しボディにグリルやインテーク部を純金(!)であしらったものなどほぼオーナーのフルオーダーメイドで配色できます……が、2億円もすんだからそれくらい当然だろ!と思いますけどね。

極論で言えば2トーンが似合うボディ形状もあれば単一色の方が似合うボディ形状もあるので、全てのクルマを2トーンにしろ、とは言えませんが自動車メーカーも遊び心を持ち始めてクルマ作りをしてきてますから、街中に色んな2トーンが目を楽しませてくれる日がくることを願います。信号待ちのクルマを歩道から眺めていると地味な色ばっか(さらに言えばスポーツカーは皆無)なんですよね。まぁそれも国民性っちゃぁ国民性なんだけど。
あんま個性を出したくないのかなぁ。
典型的なB型のワタクシにはいまいちピンとこないですわ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68409995

この記事へのトラックバック