2013年09月26日

ひまわり写真絵画展・入選作品

前回のブログで告知しました「ひまわり写真絵画展」
ショッピングモール内のホールという好立地と3連休の恩恵に預かり、なかなか盛況に終える事が出来ました。
今回は入選作品をご紹介します。

これからお見せする作品の中には「ん?これが入賞?」と思われる作品もあるかと思います。ですが審査員の先生曰く「セミプロとお子様を同列で評価するのは大変難しく、腕や機材などで優劣をつけるのではなく作品に対する背景やちょっとした構図の工夫やアイデアなどで評価しました」とのこと。確かにボクがプロとして作る料理と子供が何も分からないが料理を作りたいという一心で作ったものを同列で評価する事は出来ませんからね。プロなら美味しいのが当たり前だけど子供なら子どもなりの頑張りで作ったものを不味いと評価することは余りに心苦しいです。

では絵画部門から

金賞

「暑くて大変なひまわりと仲間たち」

DSCF6433-224x300.jpg


一緒に描かれているてんとう虫とアリさんが仲間というのが感受性豊かな子供ならではの感覚ですね。ひまわりの種は毛糸を細かく切って貼り付けてあります。暑い状態を表現している赤は元々の台紙が赤なのではくて赤く塗りつぶしてるんですね。


銀賞


DSCF6434-224x300.jpg


これは殆どプロの作品ですね。絵画サークルから計4作品提供頂いたのですが、どれも素晴らしい腕前です。ウチにも1枚欲しいなぁ、現物支給(食事)で譲ってくれないかな(笑)


銀賞

「動と静」

DSCF6436-300x224.jpg


タイトルにふさわしい躍動感あるひまわりです。絵なのに風の動きが伝わってくるようです。


銀賞


DSCF6427-300x224.jpg



コチラは一人で製作したものでは無く団体で製作されたもの。ひまわりの貼り絵を重ね貼りすることで立体感が良く出てます。



アイデア賞


DSCF6439-300x224.jpg


ひまわり目線というかひまわりの花弁・裏から太陽を見るとこんな感じなのでしょうね。作者は実は同級生だったりします。クレパスと色鉛筆で仕上げたとのこと。


入選


「ひまわり畑」
DSCF6437-300x224.jpg

「ひまわりとスイカ」
DSCF6438-300x224.jpg

「ひまわりとカブト虫」
DSCF6440-224x300.jpg


全てお子様の作品ですがひまわりの特徴を良く捉えています。スイカやカブトムシを合わせるのが中々興味深くて面白いです。夏の季語のように組み合わせてるのかな?ひまわりの近くにカブト虫がいるなんて自然界ではまず見ない組み合わせですからね。

ウチでお子様連れのお客さんを見ると、殆どと言っていい位にお子さんは席に着くなり画(字)を書き始めます。奥の部屋にお絵かき道具が揃ってるのもあるんでしょうが大人になると脳内から消えてしまう本能なのでしょうか。ちなみにワタシの小さい頃は画を描く事はなかったけど鉄道図鑑をひたすら読んでましたね。幼稚園に入るか入らないか位の時に形式車両など図鑑1冊分を丸々暗記してたらしいです。大人になった今は全く鉄道関係の記憶は無くなり、代わりにマンガとクルマの記憶に書きかえられているようです。勉学の入る余地はなかったのですね……

posted by 41 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76621285

この記事へのトラックバック